« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

「一億積んでも学びたい 売れる仕掛け」

昨日、アマゾンキャンペーンで購入しました、セミナーズ「鳥内浩一氏」の「一億積んでも学びたい 売れる仕掛け」を早速、読んでみて、電撃が走りました。

「もっと大切にされたい」

  「意見を聞いてほしい」

     「温かいやりとりをしたい」

       すべてのお客様は思っている    これは、表紙の帯の文章です。

鳥内氏の講演をはじめて聴いたのは、「オークファン」主催の「オークション」セミナー

でのことでした。「ジェイ・エイブラハム」の手法をオークションに生かすという内容でしたが、何より、鳥内氏のその弁舌に圧倒されました。

その後、年末には、世界一のマーケッター「ジェイ/エイブラハム」を本当に日本に呼んでしまい、高額セミナーを成功させて、なおかつ、出版も大成功をされてる訳ですが・・

そもそも商品を売れるようにするには、何故お客様があなたの商品を買わなければならいのかという理由を明確にする必要がある。

低迷する紳士服市場で、「シャワークリーンスーツ」という大ヒット商品はどのように生まれたのか?

この商品は、同社の技術者の一人がシャワーを浴びている時に、「一日の中で一番リラックスできる入浴時間に、体と一緒にスーツも洗ってしまえたら・・」という発想から生まれたそうです。

他の業界で、今まであり得なかった斬新なメリットやベネフィットを訴求することが勝負となります。

もともと消費者がもっている「隠れニーズ」に答える手法が成功の秘訣のようです。

現在もアマゾンで上位を維持しているお勧めの一品です。

    http://www.seminars.jp/tori/campaign/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとう!侍ジャパン!WBC2連覇

何度も何度も闘った韓国戦!ライバルがいるということは、勝利への「感動」を高めてくれるのですね。

決勝点を生んだイチロー選手が子供のようにはしゃいでいた姿が印象的でした。

今回の試合では、最初は谷ばかりだった!でも、フィナーレで神はイチローに微笑んだ!

その強運に感服しました!感動をくれたのですね。

昨日の「ドキュメントニュース」を見ていて、感じたことがあります。

時は、WBC監督選出の時期に戻ります。誰もが監督をしりぞく中で、原監督は、喜んで

引き受けられました。かつて、巨人軍元長島監督の退陣のあとも、そのリスクに物おじせずにいどんだのが、原監督でした。

原監督のインタビューで、過去「長島ジャパン」「王ジャパン」「星野ジャパン」との経緯で、今回も「原ジャパン」とよばれるのかもしれません。

あえて、僕は、その域に達していないので、ネーミングを考えて欲しいと提案しました。

その時、頂いたのが、「侍ジャパン」というネーミングです。

これを聞いて、あの「オバマ戦略」が頭をよぎりました。

米大統領オバマ氏の演説で、もっとも説得力があったこと。

それは、誰もが[一人称] I を使ったのに対し、オバマ氏はWeを使いました。

「原ジャパン」ではなくて、「侍ジャパン」、この総称が、「Yes We Can!」に繋がったのではないかと感じました。

プロ野球でありながら、甲子園を思わせるモチベーションとチームワーク、日本のチームワークは世界一です。

ありがとう、侍ジャパン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「東京マラソン」

今日は、「東京マラソン」の日、参加された方もきっと多いのでは!

私が、初めて東京マラソンを知ってから、3年目になります。

私の回りでも、出場される方がたくさんいて、とても楽しみです。

マラソンは、走る人も、応援する人も楽しいイベントの一つですね。

皆さんの成果はいかがでしたか?

さてさて、今日は驚きのニュースが飛び込んできました!

「東京マラソン」でもなく、「ホノルルマラソン」でもなく、何と「サハラマラソン参加」のために、今朝、成田を飛び立ったというお仲間が応援の依頼のメッセージをおくってきました。

サハラ砂漠を走るなんて、何て無謀で、危険なマラソンをする人が存在することにビックリしてます。

その強靱な体力に敬服するとともに、無事に帰国されることを祈りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「パトリック・リュー」の講演に感動!

もう大分以前のことですが、パトリック・リューの講演に参加しました。

私の知人Mさんから、突然のご案内メールが届きました。シンガポールで彼と会い、是非、日本に来て欲しいという彼の思いがパトリックに伝わったようです。

1974年、パトリック大学生の時、先輩の強い勧めで「美男・美女コンテスト」に参加した時のお話です。当時、彼の家庭は裕福とは言えず、コンテストで必要なジャケットを購入することができなせんでした。

いよいよ、コンテスト当日を迎え、彼の出番がやってきました。やっとの思いで、先輩から借りたジャケットはとても大きくて不格好で、似合いませんでした。とてもとても恥ずかしい思いをしました。

その時、彼はこう思いました。

「もっとお金がたくさんあったなら、ステキなジャケットが買えたのに」

「もっとお金がたくさんあったなら、もっと人生が楽しく、豊かになったのに」

そして、次に自分に質問をしました。

「どうやったら、たくさんお金を稼ぐことができるんだろう!」

「短い期間で!」

「どうやったら、もっと豊かになれるうだろう!」

「短い期間で!」

そして、30年が過ぎ、パトリックはこの頃、やっと、あることに気がつきました。

僕はず~とず~と、成功者に会い、成功者の本を読み、「学び」続けてきた結果、今がここにある。

今年に入り、ロンドンで美しい音楽を聴き、パリで美術館に行き、メルボルンのビーチで手足をのばし、こうして大好きな東京で寿司やラーメンを食べることができる。

こんな生活は、30年前には、思いもよらなかった。

人生は、「学び」そして「行動」し続けることだ!

もう一つ、大事なことがある。

「それを聞きたい人はいますか!」

「本当に聞きたいですか!」

「本当に聞きたい人にだけ教えます!」

それは、

「LOVE」です。「愛と感謝」です。

お金もちになるには、いくつかの法則があります。

1.豊富さの法則

 誰にでも充分すぎるくらいの経済資源は存在する

2.原因と結果の法則

 全ての行動は、ある経済的な結果をもたらす

 同じことをやっていれば、同じ結果が生まれる

3.レバレッジの法則

 充分長い仕事と充分強いサポートがあれば、地球を動かしてみせる

4.歳差運動の法則

 動く物体が、他の感情的物体に及ぼす効果のこと

 他を豊かにすることで、自分を豊かにする

5.引力の法則

 行動し、自分の価値が引きつける豊かさの量をきめる。

6.真の豊かさの法則

 感謝すること

 人生は「LOVE」愛にみちている

 神への「愛」

 男女の「愛」

 家族への「愛」

 友情という「愛」

それでは、隣の人に「愛してる」と言ってあげてください。

多くのスピーカーが「お金」「お金」と言ってる中で、「LOVE」と言えるスケールの大きさに

感動しました!豊かさにはいくつかの法則があるんですね。セミナーに参加しただけで

は、ただ知識を「知る」段階です。実際に「行動する」ことで、成長してまいりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ACフォーラム」に参加させていただいて

3/14(土)All Communicator`s Forum(ACフォーラム)に初参加させていただきました。

今、現在活躍されていらっしゃる方々の生のお声を聞いてまいりましたので、ご紹介します。

会場は、JR恵比寿駅西口より徒歩6分の「SPAZIO 1」 この会場は、昨年ココログさん

にご招待いただいた「2008年今年の言葉を振り返る~」の会場と一緒でした。

その節は、お招き頂きまして、感謝申し上げます。

「真鍋かをりさん」にお会いできて、友人がすごい喜んでくれました!!

「開講一番はあの時と同じ、「日経トレンデイ」編集長さん、二度目の講演です。

不況不況と言われる中、何故「日経トレンデイ」は売り上げを上げているのか?

1987年創刊、毎年年末には、その年にヒットしたベスト30位をあげています。

そして、昨年は過去20年間のベスト30位をすべて掲載してみました。

すると、「今という時代」が見えてきました。

「今、何が新しいのか?」

「売り方に革命が起きているのでは?」

などなど、興味深いものでした。

次は、「エイベック研究所」Avec13.0、自社サイトCGMを使ったマーケテイング手法

この「CGM」という言葉がはじめてで、その仕組みを解説いただきました。

ネットワーク社会という、顧客間の情報の「伝達速度と強度」が強くなっている現代の市場は、顧客との新しい関係が構築されようとしている。

一方的な従来のCM(コマーシャル)には、興味を示さないで、個人が今、注目してる商品や企業に自主的に参加し、交流することにより、その付加価値を上げていくこと。

これが、今、最も、荒れずに盛り上がるCGMの世界です。

口コミにより、人工的に引き起こされる広告こそ、その信用度が高い!!

共通のコミュニテイを提供することで、顧客同士の連携力が飛躍的に向上する。

その仕組みを創ったのが、Avec13.0(サークルモールシステム)です。

そのシステムは、私の想像以上の画期的なものでした。

これから、生の声、モニターさんの声が皆さん聞きたいんですね。

セミナーの中で、私が最も興味をそそられた内容でした。

芸者東京エンターテイメント株式会社の「電脳フィギア」アリスも面白いものでした。

代表のT氏より、実際にアリスが仮想空間より登場する所を見せていただきました。

「話す」「着替える」「触る」「プレゼントをあげる」「時をとめる」なんてことができて、とってもかわいいです。会場が一番に盛り上がりました。

まだまだ、講演はいろいろあったのですが、この辺で。

ACフォーラム運営スタッフの皆さん、有意義な講演をありがとうございました。

中身の濃い一日でした。

初めての参加で、中々、皆さんとお話はできませんでしたが、どうぞ、来年も呼んでくださいね。

angelina2

感謝を込めて~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »