« 2009年11月 | トップページ

2009年12月

「幸せスイッチ」が入る!プラス1%の法則」12/21~12/23キャンペーン中

<<お勧め新刊、アマゾンキャンペーンのご紹介>>

本日は、野崎美夫氏の最新刊をご紹介します。

『「幸せスイッチ」が入る!プラス1%の法則』
http://k.d.combzmail.jp/t/6ln5/80bxkcz03ftttz41gs
野崎美夫[著] 1365円

野崎美夫さんは、
銀座で4つの会社を経営する経営者であり、
まい日約3万人の読者に詩を配信する詩人、
また、世界最高峰のコーチ「マイケル・ボルダック」の
認定を受けたコーチでもあります。



悩みを解決する方法を「仕事」「人間関係」
「恋愛」「結婚」「人生」というテーマごとに展開して、
1%の努力で人生は100%うまくいくという
メッセージに凝縮した 癒しと励ましを、
「励ま詩」という形にまとめてあります。

壁の法則、
タイムラグの法則、
Jカーブの法則、
投資の法則など、

法則という形でだれしもが陥る苦境から
の脱出方法をを、だれもが納得する形で
教えてくれます。

ご興味のある方は、ぜひ読んでみてくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

さようなら「オリエント急行」

近代ヨーロッパ文化の象徴として、1883年(明治16年)に運行開始された「オリエント急行」

が2009年12月12日の運転が最後となり、126年のその歴史に幕を閉じた。

「オリエント急行」は、フランスのパリからトルコのイスタンブールまでを繋ぐ鉄道として、多

くの人々に愛され続けてきました。フランス、ドイツ、オーストリア、ルーマニアを経て、当時

のオスマン帝国に続きます。

開業当時は、多くの富裕層が「走るホテル」を楽しんだとされていますが、その後は、大衆

列車になり、様々な思いを乗せて走り続けました。

日本では、アガサ・クリステイの「オリエント急行殺人事件」という作品で、とても有名になり

ました。私も、このように「オリエント急行」がなくなってしまうと知っていれば、一度は乗っ

てみたかったと、今更ながら、悔やんでおります。

「オリエント急行」が廃止となった背景には、欧州における鉄道の高速化があるようです。

国と国をつなぐ鉄道は、少ない原料で、大勢の人を運ぶツールとしてのメリットは大きく、

現在は高速鉄道に押されて、従来の急行列車がその姿を消しつつあるようです。

スピード化の時代、窓越しに見られるのどかな風景、情緒あふれる長旅、世界中から集まる人々との交流など文明の進化の過程で、見られなくなっていくことも必然なのでしょうか。

しかし、体験した思いでは、永遠にその人々の心の中で、生き続けることでしょう。

折りしも、今年2009年は欧州連合初代大統領にベルギーのヘルマン首相が就任された。

19世紀のヨーロッパで、ベルギーの銀行家ジョルジュによって発案され、資本主義(夢の

鉄道)の象徴とされた「オリエント急行」が、2009年に廃止されたことが興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ